menu

初回相談料60分無料、弁護士費用分割払い可能

menu

ベリーベスト法律事務所が選ばれる理由

弁護士に依頼するメリット

会社が労災保険給付申請に協力するとは限りません
弁護士に依頼することで迅速な労災保険給付申請手続きが実現します

会社が労災保険申請に協力するとは限りません

会社によっては、保険料を支払っていない、労働災害が発生したことを労働基準監督署などに知られたくないといった理由で、申請に協力しない場合があります。

また、あたかも被災された労働者の方だけに責任があるかのように会社が報告し、労働者が不当な不利益を被る場合があります。

弁護士に依頼することで、労災保険の補償給付申請をサポートします。

労働災害発生後すぐに弁護士に相談し、弁護士が手続きに関与することで、迅速かつ適正な労災保険給付申請手続きを行う可能性が高まり、労働者の方が不当な不利益を被ることを軽減することができます。

会社の補償が十分でない場合、被害者に損害賠償をしないと違法です
弁護士への相談で適時適切な解決により、補償を受ける可能性が高まります

会社の補償が十分でない場合、被害者に損害賠償をしないと違法です。

会社の責任で労働災害が発生した場合、労災保険の給付だけでは、労働者の損害は填補されず、別途会社が労働者に対して損害賠償義務を負う場合もあります。

会社によっては、労災保険が給付されれば損害賠償の必要はないなどと主張して何ら対応をしない場合もあります。

弁護士に依頼することで、会社への損害賠償請求を行います。

損害賠償額は、個々の事情を個別に考慮した法律判断が必要となり、裁判外での示談交渉がまとまらない場合には、裁判に移行する可能性もあります。

したがって、早期に弁護士が関与し、損害賠償金額の見通しをつけた上で交渉することで、適切な時期に解決できる可能性が高まります。

法律上、労働災害にあった従業員を解雇することは原則としてできません
弁護士に依頼することで、不当な待遇を受けるなどの不利益を軽減できます

法律上、労働災害にあった従業員を解雇することは原則としてできません

労働者が労働災害で怪我をして治療中であったり、後遺障害が残ったりするなど、労働災害以前と同様に働けない状況になると、安易に辞めさせようとする会社もあります。

弁護士に依頼することで、会社と交渉します。

労働災害による治療中や治癒後の解雇には労働法令上の規制がありますので、弁護士が早期に関与することで、会社に言われるままに不当な処遇を受け入れてしまう事態を防ぐことができます。

「ベリーベストが選ばれる理由」交通事故による労働災害被害を受けた方

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日)
不当解雇、残業代、労働災害の初回相談料60分無料!
  • 無料通話 0120-49-5225
  • お問い合わせ