menu

よくある質問

 

労災保険給付の請求手続きにおける事業主の義務

Q
労災保険給付の請求手続きについて、事業主にはどのような義務があるのですか。

たとえば、労災保険給付である療養補償給付たる療養の給付を受けようとする者は、「負傷又は発病の年月日」「災害の原因及び発生状況」について事業主の証明を受けなければならず(労働者災害補償保険法施行規則12条2項)、事業主は、保険給付を受けるべき者が、事故のため、みずから保険給付の請求その他の手続を行うことが困難である場合には、その手続を行うことができるように助力し、保険給付を受けるべき者から保険給付を受けるために必要な証明を求められたときは、すみやかに証明をしなければなりません(労働者災害補償保険法施行規則23条)。

現実には、事業主が証明を拒否した場合には、その旨を労働基準監督署に報告することで対応していることも多いようですが、事故の発生の有無など特段事実関係に争いのない事項について事業主が不合理に証明を拒否するなど証明をしないことに合理的理由がないと言わざるを得ないような状況では、積極的に証明を求めるべきと考えられます。

よくある質問トップへ

お電話によるお問い合わせはこちら

0120-49-52250120-49-5225

メールによるお問い合わせはこちら

お問い合わせお問い合わせ

ベリーベスト法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
TEL : 0120-49-5225

営業時間9:30 - 21:00(平日)9:30 - 18:00(土日)
労働災害の初回相談料60分無料!