ベリーベスト法律事務所
労働災害(労災)の解決事例
製造職
熊本県
男性
50代
2021年05月26日

交渉にて相手方会社から300万円を獲得

後遺障害等級:14級9号
傷病名:左第5趾基節骨骨折
労災支給額:262万3053円
会社からの賠償額:300万円
総額:562万3053円

業務内容

工場のベルトコンベアから流れてくるオオムギ若葉の選別作業

災害の状況

オオムギ若葉が地面に落下し、コケ状となって滑りやすくなっていたところ、Aさんは派遣社員であったところ、派遣先相手方会社での業務時間中、当該オオムギ若葉を踏みつけ、足元を取られたために転倒。

相談内容

Aさんは、左第5趾基節骨折に基づく痛みにより、立った状態での作業が困難となり、日常的に掃除、洗濯及び料理等の家事をすることができなくなっておりました。相手方会社は責任を認めていたものの、適正額を支払ってくれるのか不安とのことで、弊所にご依頼いただきました。

ベリーベストの対応とその結果

左第5趾基節骨折により、後遺障害等級第14級9号が認められました。Aさんは兼業主夫であっため、賃金センサスを用いて休業損害及び逸失利益を相手方会社へ主張しました。
もっとも、相手方会社は、当職の主張額と大きく異なるものでした。
Aさんは、長期化する可能性の高い訴訟は望まず、あくまで交渉で終わらせることを希望されておりました。そのため、電話及び対面での面談を数度行い、本件障害の家事に対する影響、家族への影響等を丁寧に聴取し、相手方代理人へ詳細な主張文を提出しました。
最終的には、相手方会社も責任は認めつつ、派遣元会社も巻き込んで金300万円の賠償金を取得することに成功いたしました。 Aさんの満足のいく金額で和解することができました。

解決事例のトップへ

これって労災? 労災無料診断